以前のお知らせと配布資料

安全対策協議会 2011年3月14日
最近の治安情勢と防犯対策について
安全対策協議会 2011年3月14日.pdf
PDFファイル 105.4 KB

2010年に引き続き2011年も外出禁止令CURFEWが発令されます。

日本国大使館からの情報、新聞チェック、インターネットチェック(jamaica curfew 2011で検索)などで自分で情報収集解析し、該当区域には立ち入らないこと。 そして、解除されたとしてもその区域には立ち入らないこと。

日本人会の”治安・安全対策”に区域別のデータがあります。 時間のあるときにチェックすること。

 

ジャマイカ治安情勢 2009年9月29日

1. 当地メディアは、マンチェスターにおける富裕層をターゲットにした身代金目的誘拐事件について報じています。 事件の概要は、同地区に居住する実業家の子息(12歳)が登校途中に誘拐されました。 身代金400万ドルと引き換えに2日後に解放(怪我なし)されましたが、犯人は未だ逮捕されていません。 警察の統計では、2009年だけで17件もの同種誘拐事件が発生しているとも報じられています。

 

2. 近年の経済不況に伴い財産犯が激増する中、日本人が誘拐のターゲットとして狙われる可能性もじゅうぶん想定されますので、例えば、子女の登下校あるいは外出時において単独で行動させることのないようじゅうぶんご留意ください。

在ジャマイカ日本国大使館

 

注意喚起 2009年4月28日

4月23日、SHAW財務大臣が、国会で説明した2009・10年度国家予算の歳入案に、増税案が含まれており、これを不満とする国民が反対する行動を起こし、治安が悪化する可能性が懸念され、翌24日には休校の学校もありました。 週末には何も騒ぎがなく、今回は平穏無事に増税大丈夫(1999年に増税に大反対した歴史がある)と思いきや、28日昼前から暴徒化した民衆による道路封鎖が各地で発生しました。 今後どのように発展するか不明ですが、不要、不急の外出はできるだけ避け、やむをえず外出する場合でも公開情報(ラジオが有効)などにより安全を確認してから外出するようにしてください。

 

結果 : 消費税GCTは17.5%になり、している食糧は非課税、

輸入の生ものは非課税、と変更になったことで、民衆の怒りは収まった

ように見えるが、一般消費者には厳しく、富裕層や法人企業には

有利な税法ということが改めて確認されることとなった。

 

ESTA(エスタ)申請してください。

2009年1月12日よりアメリカの入国制度が大きく変更され、電子渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行い、認証を受けていないと、アメリカ政府によれば、航空機等への搭乗やアメリカ入国を拒否されます。 該当するサイト(ESTAで検索)で申請事項に従って入力していくと、30分ほどで完了し、すぐに認証番号が発行され、その番号が2年間有効だそうです。

 

地方選挙を控えた治安に対する注意 : 2007年12月3日
chihosenkyo1205.pdf
PDFファイル 7.7 KB
2007年安全対策協議会 まとめ : 2007年10月22日
anzen20071018.pdf
PDFファイル 40.4 KB
ハリケーン対策 : 2007年10月
hurricanetaisaku2007.pdf
PDFファイル 44.6 KB
ハリケーン時の必需品 : 2007年10月
hitsujyuhin2007.pdf
PDFファイル 10.1 KB
感染症に対する注意 : 2007年10月
kansen2007.pdf
PDFファイル 11.4 KB
治安情勢 : 2007年10月
chian2007.pdf
PDFファイル 30.6 KB
デング熱に対する注意 : 2007年10月16日
denge20071016.pdf
PDFファイル 15.7 KB
爆弾テロ事件に対する注意事項 : 2007年7月6日
attention20070706.pdf
PDFファイル 96.3 KB
マラリアに対する注意 : 2006年12月4日
malaria20061204.pdf
PDFファイル 49.6 KB

在ジャマイカ日本人会

キングストン、ジャマイカ

 

広報担当