災害対策

毎週末に少しずつでよいですから、”災害対策” ”地震対策” で検索して心構えをしておいてください。

 

ジャマイカで大地震が発生するとどうなるか?

  • 発電所変電所が倒壊すると3ヶ月半年電気の供給が無くなるのか。
  • 道路内の水道パイプ(プラスチックのため割れやすい)が破裂するだろうから、修理に2ヶ月要でその間水がストップするのか。
  • クッキングガス工場も問題で家庭にガスが供給されなくなるか。
  • 港のガスタンク施設、道路地割れでトラックがガソリンスタンドに配達できなくなる。
  • 家が全壊して、長期に渡る学校・教会暮らしを余儀なくされる。
  • 強盗、窃盗、詐欺などの犯罪が激増する。
  • 家が全壊して仕事どころではないので、トラックによる食糧の流通が止まる。

 

2011年5月23日

 

大地震発生前と発生後の対策

 

 

 

ジャマイカに津波が来るとどうなるか?

20110311の東北の大津波では38メートルにまで達した地域があったようですが、その半分の20メートルに達する津波がジャマイカに来た場合、どうなるのか想定してみましょう。 震源地によって津波の様子は異なると思われますが、震源地は考慮しないものとします。

 

MORANT BAY

西の入口の大きな橋は倒壊。 メイン道路も冠水します。 PrincessMargaret病院も冠水。 少し高台にある商店などが密集するタウンは大丈夫ですが、CourtHouseとPoliceは冠水。

 

PORT ANTONIO

東端からここまでのメイン道路は冠水します。 ブルーラグーン近辺の山道は大丈夫。 市街も冠水。 昔からあるリオグランデの鉄橋も倒壊。 川で筏下りしている場合ではないです。 

 

OCHO RIOS 近辺

最近開港したイアンフレミング国際空港は大丈夫そう。 市街とメイン道路は冠水。 オーチョリオス墓地まで、または、イタリアンレストランのEVITAまで登ると大丈夫。 有名なドンズリバー滝はメイン道路より上は大丈夫そうだが、滝を登っていたら遅い。 階段を登って土産屋まで行こう。 リゾートホテルでは屋上に登ってもダメかも。

 

北海岸

Duncans近辺の山道以外、メイン道路は冠水します。 ファルマスも冠水するので、結構山の上まで登らなければなりません。 クリケットスタジアムまで登ると大丈夫。

 

MONTEGO BAY

空港壊滅。 かろうじて山手のクイーンズドライブは大丈夫。 市街は冠水するがゆえ、Cornwell病院、モンテゴベイ病院まで登ると大丈夫。 WestGateMall近辺のサトウキビ畑も冠水するので、SamSharpeテクニカルカレッジまで登る。 町の南側の映画館が入っているショッピングモールも浄水場近辺の住宅地も冠水してしまう。

 

NEGRIL

かなり深刻で、南端のリックスカフェからもっと山奥に登らないとダメ。 

 

BLACKRIVER

市街はもちろん冠水する。 ここからサブラマーまで、津波の後は、ワニが多数市街を徘徊するかも。

 

南海岸

マンデビルは山の中なので大丈夫であるが、オールドハーバー近辺の高速道路は冠水します。 またスパニッシュタウンまでのサトウキビ畑の真ん中を走るメイン道路も冠水。

 

SPANISH TOWN

高速道路の南まで冠水。 セントラルビレッジの南、ケイマナゴルフ場も冠水。 意外にも市街は大丈夫。

 

PORTMORE

住宅は全て冠水します。 JUTCのバス車庫も冠水。 南側の高いアンテナがある山に登ることができれば助かります。 もしヘルシャービーチにいたら背後の高台の丘まで逃げましょう。

 

 

KINGSTON

先日、空港がある半島がどのくらいクッションの役割をしてくれるかわかりませんと書きましたが、後日高台から調べると、クッションされて半減されることはなく、ポートロイヤルからキングストン湾に押し寄せてきます。 Olympic Garden全域, Trench Town全域, Tivoli Garden全域, ベルビュー病院、Sabina Parkの手前まで冠水します。 ティンソンペン空港も、国際空港手前のセメント工場も冠水。

 

  • これらの被害で、空の便は当分使用できません。 イアンフレミング空港のみ大丈夫です。
  • ガスタンクが倒壊しますので、ガソリン供給が無くなります。
  • 発電所変電所も倒壊すると3ヶ月から半年は電気が来ないでしょうか?
  • 輸出入港の被害も大きいため、輸入された商品の通関が止まり、コンテナも冠水する。
  • 港近辺にあるトラック会社の車庫も冠水し、物流がストップする。 個人で所有するトラックのみが稼動可能になり、こっちのほうで雇用が促進される。
  • ポートモアにあるJUTCバスの車庫も冠水し市民の足に影響が出ると思いきや、個人営業のバス・タクシーが稼動するので大丈夫そう。 しかし、ガソリン供給が無くなると市民の足に大影響。

 

2011年5月26日

 

津波到着前と被災後の対策

 

 

 

参考サイト :

 

防災意識向上サイト

地震対策はじめの一歩

地震大国日本は、いつどこで何時、地震が発生するかもしれないという国です。世界中の各地でもここ数年は大小の地震が続き、甚大な被害が発生しています。「もし地震に遭遇したら」を想定し、地震に対する心構えや地震・災害対策を学んでいきたいと思います。

 

 

みんなでやろう地震対策

学校や家庭での地震対策の方法

 

 

地震対策ナビ 災害時の心得・耐震補強・転倒防止

地震対策は後から後悔しても遅いのです。家具は転倒防止されていますか? 
非常袋の準備は? 災害時の家族の連絡手段は? 当サイトは地震対策グッズや耐震補強、災害時の心得などを紹介します。

 

 

防災プロの地震対策ショップ

これらの商品の購買を勧めているわけではなく、このようなものを揃えておくと良いですよと目安になると思いました。

 

 

在ジャマイカ日本人会

キングストン、ジャマイカ

 

広報担当